取引開始預託金の必要性

取引開始預託金とは、証拠金以外に、取引を始める前に一定額のお金を預けておくというものです。預託金として先に一定額のお金を預けておくと、資金配分を考えながら取引をすることができます。


証拠金で取引すると、マージンコールのたびに、追加入金か決済か決めなければなりません。外貨のレートが上がりそうだから取引を続けたいと思っていても、マージンコールを取り消すためには追加入金が必要です。そして、もしその後にレートが下がってしまったら再びマージンコールがかかって追加入金しなければなりません。


これではバクチをしているようなものですし、追加入金が続けばお金が足りなくなるケースもあるでしょう。お金がなくて追加入金できなければ、確実に外貨のレートが上がることがわかっていたとしても強制的に決済されてしまいます。
取引開始預託金を預けておけば、このような状況が避けられる可能性が高くなります。まず、マージンコールがかかりにくくなりますので、ゆとりある取引をすることができます。レートが下がった時に堪えられる期間が長くなり、再びレートが上がる機会を待つことができると思います。


取引業者の中には少額から始められることをメリットにしているところもありますが、取引開始預託金がないことがほとんどです。また、証拠金も少額であることが多いようです。したがって、このような取引業者で外国為替証拠金取引を始めと、前述のようなリスクが高まるといえるでしょう。