重要度の高いリスク

外国為替証拠金取引のリスクの中で、特に気をつけなければならないのが、外貨のレートが変動するリスクと、預託金の追加入金のリスクです。


レートの変動は外貨預金、外貨MMFなど外国為替証拠金取引にかかわらず、外貨投資では不可避の事象であり、「為替差損」というリスクが存在します。レートが期待通りに上がっていけば何の問題もありませんが、現実はそんなに上手くはいきません。期待に反して下がってしまったら、その分が損失となります。
では、レートが下がった場合はどうするのが正解なのでしょうか。答えはシンプルです。売らなければ、損をすることはありません。再びレートが上がるのをじっと待ち続けていれば良いのです。しかし、誰でもこれが実行できるわけではありません。資金に余裕がある人のみが可能な方法です。


また、外国為替証拠金取引の場合は、待っている間にもスワップがつくというメリットがあります。外貨預金などにも金利がつくものの、外国為替証拠金取引のスワップと比較すると、あまり魅力的なものとは言えないでしょう。


続いて、預託金の追加入金についても説明していきます。マージンコールが発生した時は、追加金を支払う以外に選択肢がありません。もし、追加入金ができなければ、強制的に決済が行われてしまいます。そして、一度決済をすれば差損が確定し、取り戻すのは不可能です。レートが下がっても待つことができるのは、資金に余裕がある時だけとお話ししましたが、それはこの追加入金ができるからなのです。