預託金とは

1 Comment

預託金の追加入金は、外国為替証拠金取引をするにあたって最重要ともいえる事項です。この対策をしていなければ、最悪の事態を招くかもしれません。


外国為替証拠金取引は担保として証拠金をあらかじめ預けておきます。しかし、外貨のレートが下がって担保で補えないほどの損が出てしまう場合があります。このような場合はマージンコールがかかり、ポジションを決済する、もしくは追加で証拠金を入金して続けるのどちらかとなります。


ポジションを持っている間は次の二つに注意しておかなければなりません。一つ目は、レートがどのくらい下がるとマージンコールがかかるのか。二つ目は、マージンコールがかかったときにいくら追加で入金すればよいのかです。何種類も外貨を持っていると状況を把握するのが大変かもしれませんが、口座管理画面などを確認すれば把握できると思います。


また追加入金の有無や金額は、いくら預託金があるかも関係します。預託金とは、取引を始める時に入金するものです。預託金が多いということは、証拠金が不足しにくいということでもあり、すなわちマージンコールがかかりにくくなるということです。レートが下がることでいちいち慌てたくないのであれば、預託金を多めにしておくのがおすすめです。


預託金が少額でも取引できる場合がありますが、将来のことを考えるとあまりメリットはないと思います。外国為替証拠金取引における最大のリスクである追加入金を回避したいのであれば、預託金は多めにしておくのが賢明です。

Categories: Uncategorized

One Reply to “預託金とは”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です