ロンドンになぜ取引が集中するのか

No Comments

為替取引は各国で行われています。しかし、一番取引がしやすいのは、世界的な規模でいえば、ロンドンです。

ロンドンは、日本で行われているような金融ビッグパン(大改革)をいち早く行ったところで、取引の自由化や外国の参入が一番しやすいのです。

さらに、ほほヨーロッパ大陸にあるため先進国が多く、昔から先進国の通貨取引が活発に行われています。

次いで大きくなったのがアメリカで、ニユヨlク市場が為替取引の大きな役割を果たすようになりました。今では、ドルの取引に関しては、大変な影響を持つようになっています。

そこで、私たちは、円・ドルの売買に当たっては、東京だけではなくロンドンやニューヨークの相場にも目を配り、売買の参考にすることが大切です。

特に、為替相場というのは、さまざまな要因で動きますので、海外の動きや国内の動きについて情報をとり、「なぜそうなったのか」ということを理解しながら、売買することが大切です。目先の動きだけではなく、将来の予測も立てながら相場は考えなければなりません。

Categories: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です