カテゴリー: Uncategorized

なぜ外貨投資か?

No Comments

外貨投資って何?と思ったとき、一部のお金に詳しいプロの人たちやっているだけで、自分なんかにはとても縁遠いと感じました。しかし、あれから20年経ち、世の中はずいぶん変わりましたね。ここ数年、株を学ぶ人が多くなり、最近では外貨投資が人気です。この人気はどうしてか?理由があります。

 まず大きな変化として、年金などの制度が頼りにならない状態になってしまったことでしょうか。年金があてにならないとなると、その不安から、今後はとにかく投資はやっておこうと考えた人は多いと思います。

 特に日本の金利はほとんどゼロ。こんな国に置いておくよりも、他の国に投資をして金利をもらった方がいいと思うのは、当然のこと。これが人が外貨投資に魅力を感じる最大の理由でしょう。

さらに1998年に外為法が変わりました。それまでは銀行で下できなかったことが他の人でもできるようになったのです。そのため外貨投資の世界にたくさんの業者が参入し、手数料も下がりました。インターネットの手軽さによって売買しやすくなったこと、プロ並みの情報も入手できるようになったことなどが重なって、外貨が身近なものになったのです。

しかし、投資をすれば、皆が儲かるということではありません。逆に損をすることもあるのです。そうならないよう、投資を始める前に基本はおさえておきましょう。

まず、投資を行うにはルールがあります。市場の仕組み、商品の内容、特徴をはじめに覚えてから、始めましょう。そうでないと、ビギナーズラックのようなことはあっても、長い目で見て儲け続けることはできません。

これを読んで、思い切って外貨投資をやってみようという人へ、ルールを覚えていただければと思います。自分の資産を増やしていけるように、一緒に頑張りましょう。

外貨投資を始めると、それまで気にならなかった海外の話題にも興味が湧いてくると思います。

視野が広がって楽しみながら外貨投資ができたら、皆さんにとって、楽しいゲームになるかもしれません。

Categories: Uncategorized

ロンドンになぜ取引が集中するのか

No Comments

為替取引は各国で行われています。しかし、一番取引がしやすいのは、世界的な規模でいえば、ロンドンです。

ロンドンは、日本で行われているような金融ビッグパン(大改革)をいち早く行ったところで、取引の自由化や外国の参入が一番しやすいのです。

さらに、ほほヨーロッパ大陸にあるため先進国が多く、昔から先進国の通貨取引が活発に行われています。

次いで大きくなったのがアメリカで、ニユヨlク市場が為替取引の大きな役割を果たすようになりました。今では、ドルの取引に関しては、大変な影響を持つようになっています。

そこで、私たちは、円・ドルの売買に当たっては、東京だけではなくロンドンやニューヨークの相場にも目を配り、売買の参考にすることが大切です。

特に、為替相場というのは、さまざまな要因で動きますので、海外の動きや国内の動きについて情報をとり、「なぜそうなったのか」ということを理解しながら、売買することが大切です。目先の動きだけではなく、将来の予測も立てながら相場は考えなければなりません。

Categories: Uncategorized

預託金とは

1 Comment

預託金の追加入金は、外国為替証拠金取引をするにあたって最重要ともいえる事項です。この対策をしていなければ、最悪の事態を招くかもしれません。


外国為替証拠金取引は担保として証拠金をあらかじめ預けておきます。しかし、外貨のレートが下がって担保で補えないほどの損が出てしまう場合があります。このような場合はマージンコールがかかり、ポジションを決済する、もしくは追加で証拠金を入金して続けるのどちらかとなります。


ポジションを持っている間は次の二つに注意しておかなければなりません。一つ目は、レートがどのくらい下がるとマージンコールがかかるのか。二つ目は、マージンコールがかかったときにいくら追加で入金すればよいのかです。何種類も外貨を持っていると状況を把握するのが大変かもしれませんが、口座管理画面などを確認すれば把握できると思います。


また追加入金の有無や金額は、いくら預託金があるかも関係します。預託金とは、取引を始める時に入金するものです。預託金が多いということは、証拠金が不足しにくいということでもあり、すなわちマージンコールがかかりにくくなるということです。レートが下がることでいちいち慌てたくないのであれば、預託金を多めにしておくのがおすすめです。


預託金が少額でも取引できる場合がありますが、将来のことを考えるとあまりメリットはないと思います。外国為替証拠金取引における最大のリスクである追加入金を回避したいのであれば、預託金は多めにしておくのが賢明です。

Categories: Uncategorized